洋酒を売ってお金にしよう|正確な価値をするために骨董品買取を|高額の可能性もアリ
婦人

正確な価値をするために骨董品買取を|高額の可能性もアリ

洋酒を売ってお金にしよう

お酒

洋酒の転売の特徴

家族の遺品整理中にブランデーやウィスキーなどの洋酒が出てくることがあります。このまま飲む人もいるでしょうが大半の人はブランデーやウィスキーを飲みなれていないので敬遠することが多くあります。そんな時に洋酒の買取業者に買取の依頼をしてみてはいかがでしょうか。お酒は飲み物だから古いお酒は値がつかないと思いがちですが洋酒を好き好んで飲んでいる人やブランデーやウィスキーを収集しているコレクターも日本には数多くいます。特にウィスキーやブランデーのような蒸留酒はビールやチューハイと違って賞味期限が全く存在せず古いものほど価値が高まります。一品物やプレミア品だと数万円以上の値がつくこともあるので飲まない洋酒があるなら売ってしまう方がよいでしょう。

洋酒売却時のポイント

ブランデーのような蒸留酒を買取ってもらう際に注意することはちゃんと保管状態や品質状態をよい状態で保存されていないとあまり良い値で買取ってもらえないことと、液漏れや、すでに開封済みだったり劣化していたりなどキャップやコルクに何かしらの不良があると価値が大きく下がってしまう点です。確かに蒸留酒は賞味期限がありません。しかし、保管期間が長くなればなるほど劣化のリスクが高まり洋酒の価値が下がっていきます。そのため、洋酒の売却を考えている場合は、売却する前に自分の目で洋酒の状態が良い状態なのかどうか見た目で判断し、後回しにはせずできるだけ早めに買取ってもらうようにすると価値低下によるリスクを下げることができます。