レディ

正確な価値をするために骨董品買取を|高額の可能性もアリ

信頼できる業者を見つける

刀

価値を判定してもらう

骨董品買取は、リサイクルショップなどでも行っている場合があります。しかし、骨董品の価値をしっかりと鑑定してもらうには、専門の鑑定士が不可欠です。鑑定によって骨董品の価値だけではなく、作者や製作年代、産地なども知ることができます。箱書や鑑定書が無いなどの不安がある場合でも、鑑定士なら対応できます。骨董品の種類は非常に多く、鑑定士ごとに対応可能な分野は異なるのが普通です。そのため、骨董品の種類に関係なく買取をしている業者は、複数の鑑定士が所属することで対応しています。骨董品買取は店舗に持ち込むだけではなく、出張査定もあります。メールによる見積もりに対応している業者もあるので、気になる骨董品があれば、気軽に依頼できます。

納得できる鑑定のために

骨董品は「希少価値」が重視されるので、古いだけでは価値が低くなる場合も多いです。さらに骨董品の人気にはトレンドがあるため、相場価格も変動します。骨董品買取では「鑑定」と「査定」の違いを知っておいた方が、スムーズな買取ができます。鑑定は骨董品店での販売価格で、査定は買取価格となります。もし納得のいかない金額で買取された場合でも、買取業者は商品を8日間保管し、返品要請された場合には応じる義務がありますので心配いりません。骨董品の鑑定には、専門的な知識が必要です。したがって骨董品買取では信頼できる鑑定士を見つけなければなりません。これは難しいですが、何十年も店舗を営業してたり、裁判所から差し押さえ品の鑑定を依頼されたりなど、実績のある業者のほうが安心できるでしょう。